FC2ブログ

ココナッツオイルのレシピ(ハニーココナッツトーストとメープルココナッツ麩)

◆ハニーココナッツトースト

暑くなってきました。
キッチンに置いてあるココナッツオイルを見ると、気温の変化がよく分かります。
6月の初めの頃は、まだ白く固まっている日もありましたが、ここ最近はサラサラの液状…。
少し固まってくれていた方が、すくった時に垂れなくて使いやすいのですがね。

子供のお気に入りは「ハニーココナッツトースト」
食パンに、はちみつとココナッツオイルを塗ってトーストしたものです。
はちみつとココナッツの甘い香りが絶妙に美味しいです。
食パンは先に軽くトーストしてから、はちみつとココナッツオイルを塗ります。
それから、再び、サッとトーストします。
最初から塗るよりも、サクサクに仕上がります。

◆メープルココナッツ麩

「メープルココナッツ麩」もおやつによく作ります。
おつゆ麩にココナッツオイルをかけて、メープルシロップを垂らすだけです。

おつまみには、メープルシロップの代わりに塩を振って、ココナッツオイルをかけます。
お好みで胡椒や、カレー粉を振っても美味しいです。

お麩は小麦のたんぱく質から作られていて、ベジタリアンには嬉しい食材です。
スナック菓子のように食べられるので、お料理だけでなく、我が家ではおやつによく登場します。

coconut-fu240.gif
写真のお麩は小町麩といって売られているものです。
お麩もメーカーによって味が違うので、買ってきたらまずはそのまま食べてみて下さいね。
先日購入したお麩は、あまりの美味しさに何も付けずに1袋食べてまいました…。

「メープルココナッツ麩」に豆乳やココナッツミルクをかけて、シリアルのように食べるのも美味しいです。

お試し下さい。

チアシードを煮物に

◆ホワイト・チアシードを煮物に利用

ホワイト・チアシードの意外な利用法…、
それは、煮物に入れる…です。

煮物を作ると汁が残りますよね。
お皿に残った煮汁を見ると、
「お醤油もみりんも厳選したのを使っているから捨てるのは勿体ない~」と
思っていました。

お弁当に詰める時も、よーく汁を切って入れても時間が経つと
汁が隣のおかずに侵入…。

で…、ホワイト・チアシード登場!

煮物に振りかけて混ぜるだけ。
汁を吸ってくれるので、お弁当の汁モレ防止にもなります。

ホワイト・チアシードの量は加減して下さいね。
入れ過ぎると、お鍋にくっついて大変なことになります。


Chia_boiledFood240.jpg

今日は、空豆とエリンギと昆布を煮ました。
左がホワイト・チアシードを入れる前、右がホワイト・チアシードを入れたものです。

空豆、スナップエンドウ、グリンピース…緑が美味しい季節ですね。

ココナッツオイルのレシピ(チョコ・スプレッド、トリュフ風お菓子)

◆チョコ・スプレッドとトリュフ風お菓子

coconut-spread240.jpg

暖かくなりました。
バージン・ココナッツオイルもスプーンですくえる固さになりましたね。
これから暑くなると液状になり、サラダにかけたりするには良いのですが、
パンやクラッカーに乗せて食べる時、ダラッとこぼれて手がべとべと … になりませんか?

そこで、バージン・ココナッツオイルロー・カカオパウダーを混ぜました。
ついでに、ホワイト・チアシードも…。

それだけだとちょっと苦いので、甘みを加えると、美味しいチョコ・スプレッドになります。
甘味は、メープルシロップや黒糖がおススメ。

これを、丸めてロー・カカオパウダーをまぶせば、トリュフ風お菓子になります。

レシピの分量を書きたかったのですが、気温によってバージン・ココナッツオイルの固さが違い、
好みの柔らかさになるまでロー・カカオパウダーを入れていると、毎回、量が違ってくるのです …。

なので、入れる甘味の分量も違ってしまい、レシピの分量が書けませんでした。

みなさん、お好みで混ぜ混ぜしてみて下さいな。

レーズンやプルーンを刻んで入れても美味しいです。

そうそう、ホワイト・チアシードは量を加減して下さいね。
入れ過ぎると、食べた時に口の中で水分が一気になくなります(笑)

そして、ホワイト・チアシードを食べた時は、水分補給もお忘れなく …。
水分と摂ることで、消化吸収がスムーズにいきます。

ココナッツオイルのレシピ(お惣菜:ナス焼き・かぼちゃのチリ・春野菜のうこん炒め)

お惣菜:ナス焼き・かぼちゃのチリ・春野菜のうこん炒め

ココナッツオイル:お惣菜

ココナッツオイル …、愛用なさっている方も多いと思います。
どんな風にお使いでしょうか。

私の今日のお惣菜は、「ナス焼き」「かぼちゃのチリ」「春野菜のうこん炒め」です。
全部、バージン・ココナッツオイルを使いました。


◆ナス焼き

ナスはバター焼きにするのも定番ですが、バージン・ココナッツオイルで焼くとちょっと南国風。

ナスを焼く時はナスが油をたくさん吸うのでたっぷりの油が必要ですが、私はフライパンにお水、お酒、そして、バージン・ココナッツオイルを入れてからナスを並べ、蓋をして蒸し焼きにします。
水分を一緒に入れることで、油をたくさん使わなくてもナスがふっくらと焼けます。
味付けは、醤油でも、塩こしょうでも …。

意外ですが、バージン・ココナッツオイルは醤油とも合います。


◆かぼちゃのチリ

かぼちゃは、和風の煮物にすることが多いかもしれませんが、甘いかぼちゃは男性には受けが悪いもの …、
ではありませんか。

スパイスを効かせたチリ味のかぼちゃなら、パンチがあって男性向きかもしれません。

かぼちゃは、少量のお水で蒸し煮にして、柔らかくなったら、チリパウダー、塩、バージン・ココナッツオイルを入れて仕上げます。
チリパウダーは、辛さはあまりないので、私は七味唐辛子を入れて、辛さをアップさせています。


◆春野菜のうこん炒め

そして、今が旬の春きゃべつ、新玉ねぎを使って、バージン・ココナッツオイルで炒め物も作りました。

春… と言っても、もう初夏ですが、春は肝臓に疲れが出やすい時期でもあります。
肝臓を養う…と言えば「うこん」。そう、カレーの黄色い色のターメリックのことです。
うこんは独特の香りがあり、嫌いな方も多いと思いますが、バージン・ココナッツオイルを使うと少しマイルドになり、食べやすくなります。
うこんがキッチンにない方は、カレー粉でOKです。

まずは、バージン・ココナッツオイルで玉ねぎを炒め、うこんと塩を振り入れます
(うこんは入れ過ぎないように…)。
塩を早めに入れるのは、玉ねぎの甘さを引き出すためです。
玉ねぎがしんなり甘く炒まったら、きゃべつとピーマンを加えてシャッキリ炒めます。
味をみて、塩やこしょう、醤油などで調味して下さい。


バージン・ココナッツオイルを使うと、冷めても風味があって美味しいお惣菜になります。
是非、お試しください。

チアシードのドレッシング

◆チアシードのドレッシング

chiadressing240w.gif

サラダが美味しい季節になりました。手作りのドレッシングをかければ最高!

基本的なドレッシングは、オイル・酢・塩を混ぜるだけですが、よーく混ぜても、オイルと酢は時間が経つと分離してしまうので、かける度にまた混ぜなければなりません。
それが、面倒ですよね。

そこで、なんとか分離せずに混ざった状態を維持できないか … 考えました。

思いついたのが、チアシード!

いつも作る中華ドレッシング。
ゴマ油・酢・醤油の中に、少しホワイト・チアシードを入れました。
チアシードをよく混ぜ込むために、ブレンダーにかけること数分 …

分離なしのクリーミーなドレッシングの出来上がり。
見た目はごまドレッシングのようですが、味は立派な中華ドレッシングです。

チアシードの意外な利用法でした。
プロフィール

kodawa3

Author:kodawa3
ライフコレクション・スタッフ・ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR